Top > 

飛龍伝2020

飛龍伝2020

飛龍伝2020

つかこうへい没後10年にむけて

つかこうへいは、1970年代に突如現れ演劇界に一大旋風を巻き起こした「偉人」である。
1974年『熱海殺人事件』で岸田戯曲賞受賞、1982年『蒲田行進曲』で直木賞受賞、同作の映画化で1982年第6回日本アカデミー賞を総なめにし、1990年『飛龍伝90』で読売文学賞受賞、演劇界に「つかこうへい」という金字塔を打ち立てた。
在日という立場から「つかこうへい」というペンネームを名乗り、日本に生まれ日本に生き、日本の文学者として闘い、そして2010年、62歳の若さで天に召された。

あれから10年の時が流れた……。
「つかこうへい」という祈りにも似た言葉は、成就しただろうか?
つかこうへいの夢見た日本に変わっただろうか?
むしろ世の中の貧富の差は広がり、格差社会という言葉までが生まれた。
みせかけの景気の良さの陰で、若者は未来の見えない日本の貧しさに苦しんでいる。

没後10年にあたる2020年、つかこうへいを検証してみたい。演劇という名のもとに日本の明日を夢見て、日本の未来を信じて、日本と闘った哲学者の作品を日本に蘇らせることが、今を生きる若者に新たな「希望」を見せてくれると信じている。

2020年1月末から
新国立劇場 中劇場
『飛龍伝2020』

3月半ばから
新宿・紀伊國屋ホール
『熱海殺人事件 ザ・ロンゲストスプリング、モンテカルロイリュージョン』

そして命日にあたる7月
新宿・紀伊國屋ホール
『蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く』

を連続上演する。

2020年、オリンピックに湧き上がる日本に、このままでいいのか?
この見せかけの繁栄を、口を開けて見ているだけでいいのか?
「つかこうへい」が日本に喝を入れてくれるだろう……。

つかこうへい演劇祭第一弾「飛龍伝2020」

8代目神林美智子に欅坂46 キャプテン菅井友香

アイドルとして常に攻撃的音楽活動を続ける欅坂46
キャプテンを務める菅井友香が歴史的文学作品の伝説のヒロイン
全共闘40万を率いる女委員長、神林美智子に抜擢された!

『飛龍伝』とは

1973年に発表された『飛龍伝』は1974年青山・VAN99ホールで(平田満、故・三浦洋一、等)の出演者3人のみで上演され、80年には紀伊國屋ホールで、つかこうへい3部作の中の1本として上演され、つかこうへいの隠れた名作として愛された。
そして1990年、当時、銀座セゾン劇場のプロデューサーであった岡村俊一との出会いによって、大劇場用にショーアップされた群衆劇へと変貌し上演され、その年、読売文学賞を受賞し、つかこうへいの代表作となった。

それ以降、『熱海殺人事件』『幕末純情伝』と並ぶ、つか氏の代表的な作品として愛され、これまで幾度となく上演され続けている。
これまで『飛龍伝』の神林美智子といえば、名立たる女優たちが憧れ続けてきた大役である。初代-富田靖子、2代目-牧瀬里穂、3代目-石田ひかり、4代目-内田有紀、5代目-広末涼子、6代目-黒木メイサ、7代目-桐谷美玲。
そして今回、8代目神林美智子を演じるのは、2016年「サイレントマジョリティー」でCDデビュー、その後も2017年「風に吹かれても」2018年「アンビバレント」2019年「黒い羊」で日本レコード大賞優秀作品賞を連続で受賞するなど、今、最も活躍するアイドルグループ 欅坂46 キャプテン 菅井友香

近年のつかこうへい演劇の常連が顔を揃える

また共演には、2016年『新・幕末純情伝』で坂本龍馬役を演じ、2018年19年と『熱海殺人事件』に連続出演。
お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明
2017年、史上最年少24歳で『熱海殺人事件』の木村伝兵衛の大役を演じ、3年連続の主演を務め、2020年フジテレビ開局60周年ドラマ『教場』では教官と対立する重要な生徒役を演じるなど、期待の実力派味方良介

そして、近年のつかこうへい演劇には欠かせない2人に加え、
細貝圭小柳心久保田創小澤亮太須藤公一大石敦士吉田智則 などが顔を揃える。

つかこうへいの熱く日本を見据える作品は色あせることなく、新しい役者達に、観客達に、受け継がれていくことであろう。

2020年新春。再び、つかこうへいの嵐が吹き荒れる!

ものがたり

春、駿河台方向から聞こえてくるシュプレヒコールの中、一人の少女が進学のため愛と希望を胸にいだき上京した。
四国高松から上京した神林美智子(菅井友香)である。
しかし、時代は学生運動の真っ只中、やがて美智子は、全共闘作戦参謀の桂木純一郎(味方良介)に出会い、その理想と革命に燃える姿に憧れ、恋に落ちる…。
やがて、美智子は全共闘40万人を束ねる委員長に、まつり上げられてしまう。

11・26最終決戦を前に、作戦参謀部長の桂木の出した決断は、美智子を、女として機動隊員の部屋に潜入させる事であった…。
そして、その機動隊員とは、四機の狂犬病の山崎こと、山崎一平(石田明)だった…。
革命の夢と現実と、美智子を愛する者達に翻弄されながら、11・26最終決戦の日は近づいてくる…。

飛龍伝 人物相関図

つかこうへいとニッポン放送

つかこうへいとニッポン放送は1990年代、ベストセラー「娘に語る祖国」をラジオ番組化した他、ステーションキャンペーンとして連続ラジオドラマを制作していた。
1991年度は「つかこうへいラジオCM劇場『ニッポン放送親父の華麗なる日々』、1992年度は「つかこうへいラジオCM劇場『奥さん、仲代達矢です!』を約2年間にわたり連日放送するなど、ラジオ界に新風を吹き込んだ「同志」であった。
昨年は、オールナイトニッポン50周年企画として放送した、ラジオドラマ『ストリッパー物語』(出演:広末涼子、筧利夫、広瀬すずほか)が、第45回放送文化基金賞を受賞した。
2020 年つかこうへい氏没後 10 年にあたり、そのニッポン放送が演劇祭を主催する。

出演

菅井友香(欅坂46)
菅井友香(欅坂46)
石田 明
石田 明
味方良介
味方良介
細貝 圭
小柳 心
久保田創
小澤亮太
須藤公一
大石敦士
吉田智則
山田良明
友岡靖雅
草野 剛
(北区AKT STAGE)
うえきやサトシ
(劇団4ドル50セント)
和田慶史朗
岩上隼也
江浦優大
河本祐貴
米岡孝弘

公演概要

ニッポン放送開局65周年つかこうへい演劇祭 - 没後10年に祈る -
「飛龍伝2020」
■ 作:
つかこうへい
■ 演出:
岡村俊一
■ 出演:
菅井友香(欅坂46)
石田明/味方良介/細貝圭/小柳心/久保田創/小澤亮太/
須藤公一/大石敦士/吉田智則 ほか
■ 東京・新国立劇場 中劇場    2020年1月30日(木)~2月12日(水)
1月29日(水)プレビュー公演
東京 1月 2月
29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
火・祝
13:00       休演       休演
16:00                        
18:00                  
19:00                  

☆=プレビュー公演、◎=飛龍伝イベント

■ 大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール 2020年2月22日(土)~24日(月・祝)
大阪 2月
22 23 24
月・祝
13:00  
17:00    
18:00    

※大阪公演の日程が変更になりました。(2019.12.04)

■ 公演イベントご案内 ※詳細は後日発表いたします。

1/31(金)16:00開演 トークショーあり

2/6(木)19:00開演 飛龍伝イベント 全席7,500円
※この日は通常公演はございません

■ オフィシャル先行予約ご案内

【オフィシャル先行予約】

https://w.pia.jp/s/hiryuden20of/

◎受付期間:2019/12/08(日)12:00~2019/12/11(水) 23:59
◎結果発表:2019/12/13(金)

※複数公演のお申し込みもできます。
※別途手数料が発生いたします。
※詳細は、上記URLよりお申し込みの際にご確認ください。

■ チケット一般発売
2019年12月28日(土)
■ チケット料金
東京公演:S席9,500円 A席7,500円(全席指定・税込み)
大阪公演:全席9,500円(全席指定・税込み)
※未就学児童入場不可
■ お問い合わせ
Mitt:03-6265-3201(平日12:00~17:00)
大阪公演:キョードーインフォメーション:
0570-200-888(10:00~18:00)
■ 協力
つかこうへい事務所
■ 企画制作
アール・ユー・ピー
■ 主催
ニッポン放送/Y&N Brothers/サンライズプロモーション大阪(大阪公演)
※当サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。